McRentでレンタルして「ゆるキャン△」の聖地巡礼してみた・・

「ゆるキャン」というアニメをご存知でしょうか?

JK(女子高生)が主人公のアニメだというと、思わず、おじさんは「ン?」と顔を上げてしまいますが、JKが主人公のアウトドアアニメとなると、おじさんは更に「ン?んんん~~~っナヌッ!?」となってしまうのですね。

このアニメは「山梨県周辺を舞台に、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力と、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く」というものです。他の人気アニメ同様に、このアニメも聖地巡礼がありましたが、なんと4月21日(土)~6月3日(日)まで、作中に登場する山梨県内のモデル地や関連スポットめぐるデジタルスタンプラリーがスタートするっていうじゃありませんか!

(現在は、終了しております)

早速、好奇心旺盛なおっさんは、一足先に周ってみる事にしました!!今回のデジタルスタンプラリーは5つのコースに分かれていますが、今回、全部!本当に全部、周ってきました。今回の相棒は、ミスティックの「レジストロ」!手ごろなサイズで、キビキビ走り、それでいて、1クラス上の広い車内で快適な「探検」が可能になるので、このレジストロを「大切な人と乗りたいMcRent」でレンタルしました。

それでは、おっさん出発です。

「えっ?なんで、レンタルキャンピングカーで周るの?」・・ですって、その謎解きは一番、最後のお楽しみ!さあ、ゆるキャン△聖地巡礼のくるま旅~~~~~っ!!

1)なでしこコース:スポットは「内船駅(うつぶねえき)・身延ロープウェイ・身延観光協会」

  各コース毎に、豪華アイテムやプレゼントが貰えるとの事ですが、このコースでは「ゆるキャン△応援ステッカー」がプレゼントだそうです。山梨県と言っても静岡県との県境に近い、南にある、その名前も南部町まで一挙に南下します。

 そこで最初のスポット「内船駅」に到着です。

当時、スタンプラリーがスタートしてないので、何もありませんでしたが、実際はスポットに設置されているポスターにあるQRコードを読み込み、スタンプをゲットします。そのスタンプ数に応じてノベルティやレアアイテムの抽選に応募できるという仕組みでした。

次のスポットは「身延ロープウェイ」ですが、残念な事にその手前までしか行けません。仕方がないので、ロープウェイの看板の前でパチリと・・・。

 「身延山観光協会」は分かりにくいところにあり、しかも暖簾にかかれた「観光案内所」の方が目立つので、本当にここで良いのか迷いました。

この 「身延山観光協会」は、身延山久遠時三門の前にあります。

2)リンコース:スポットは「四尾連湖(しびれこ)・水明荘」

このコースのプレゼントアイテムは東山奈央サイン入り笑‘sB-6君『リンちゃんのYAKINIKUセット』

山の上にある周囲1.2kmの小さな湖「四尾連湖」は、雨乞い伝説を伝える神秘的な湖で、その昔、四尾連湖は「志比礼湖」とも「神秘麗湖」とも書かれていたのが、四尾連湖の神が「尾崎龍王」という龍神であり、四つの尾を連ねた竜が住んでいる湖ということで「四尾連湖」となったと伝えられているそうです。

本当に山の上にある湖なので、急斜面・クネクネ・狭い道でしたが、レジストロはまるでゴーカートの様に走ってくれました。流石に急斜面では苦しそうでしたが、それでも構わず、アクセルをベタ踏みすれば、エンジンは咆哮し、登っていきます。

四尾連湖畔にある「水明荘」は、食事つきで宿泊できる山荘。自炊をしながらアウトドアを楽しめるロッジ、バンガロー、キャンプ場の施設もあります。

その水明荘に行くのも、レジストロだから行ける道でした。大柄のキャンピングカーでは入るのも難しかったですね。この意味でも、大人の探検隊キャンピングカーとして、レジストロは最適でした。

 

3)野クルコース:スポットは「山梨市駅・笛吹市フルーツ公園・ほったらかし温泉」

 プレゼントアイテムは花守みゆり・東山奈央サイン入り番宣ポスターとのこと。

アウトドア派でなくても人気のフルーツ公園とほったらかし温泉。スタンプラリーがなくても行きたい場所ですね。特に勝手に楽しんでという意味から「ほったらかし温泉」・・ってのは、自由気ままなキャンピングカーと相通じるところがあります。

一年を通して様々なフルーツや花・木を楽しむことができる「笛吹市フルーツ公園」も食べ過ぎなければ必ず行きたい観光スポットです。

生憎、山梨市駅は工事中で、駅だという事も分からない状態でした。残念!

4)富士山コース:スポットは「洪庵キャンプ場」

プレゼントアイテムは、テンマクデザインXこいしゆうか CAMPANDA「PANDA」+ROOTOTEゆるキャン△オリジナル「ルーガービッジ」セット

私事で今日ですが、今から20年前、カヤックの進水式をしたのが、このキャンプ場だったんです。懐かしい~!このアニメの影響で、利用者数が一気に前年同期の3倍以上に増えたってぇから、すげぇや!この日も、レンタルキャンピングカーに乗ったやってきたガイコツ人などもいて、インバウンドにも人気なのかもしれません。

それにしても、ここから見る富士山は最高ですね。窓からも綺麗な富士山!

快適な車内から、こんな贅沢ができるのもキャンピングカーだからこそ。

 

5)ゆるキャン△コース:「セルバみのぶ店・栄登堂・ゆばの里」

プレゼントアイテムは、原作・あfろ先生サイン入りコミックス第一巻地元では有名なセルバみのぶ店、実は、昨年、この近くにキャンプに来た際に買出しで立ち寄った店でした。それが今は、聖地になっているとは思いませんでした。

栄登堂の「みのぶ饅頭」といったら、これまた有名で、地元では葬式饅頭としても絶対的な地位を確立しています。

身延の「ゆば」は、日蓮上人が身延山在山中に弟子が大切な師の栄養源として作り、それが現在に伝えられたと言われています。ゆばの里はゆばの製造直売、製造体験、お食事処もあるのですが、残念!訪れた日は定休日でした。

さあ、駆け足でしたが、ゆるキャン聖地巡礼デジタルスタンプラリーのスポットを一挙に周ってみました。途中、寄り道しましたが、一泊二日、約260キロのくるま旅。このアニメのファンなら、ファンでなくても如何ですか?えっ?なんでレンタルキャンピングカーなのか?の謎解きは?ですって?アナタはもうお分かりだと思ってました。

*今回の様なくるま旅にはキャンピングカーが最適だという事を。たとえ、キャンピングカーを持っていない人でも、

*レンタルキャンピングカーを借りてしまえば、思ったよりも簡単に、ワクワクするようなくるま旅ができる事を。そして、

*そんな探検隊の様なくるま旅には、キビキビ走って、狭くてクネクネしている道でも取り回しが自由な、コンパクトなキャンピングカーが

ピッタリだという事を。

事実、一泊二日でしたが、その間、4人の方から、声をかけられました。結構、走っているだけで、興味を持たれるのかもしれません。それらを理屈で説明しても分かって頂けないと思って、実際に、くるま旅してみました・・・。ほら、納得でしょ?謎でもなんでも無いんです。思い立ったが吉日です。早速、出かけてみましょう!!

 

 

マクレントジャパン ご利用案内

マクレントジャパン 料金一覧

マクレントジャパン キャンピングカーレンタル